読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boofoooohの日記

サッカー/音楽/本/大人になってからのフットサル

空気を読まない審判に花束を

重要な場面での自分の判断が間違いかもしれないなら、判断するよりしない方がまし、と考えてしまうのは人間誰でもそうなので、理解はできるところなんですが、それを、「審判は試合に介入すべきじゃない」という一見正しいフレーズで正当化するのはどうなん…

リチャード・ブローティガン「西瓜糖の日々」を読む

みなさん、眠くないですか。 私、数年前から昼間の眠気が激しくなって、仕事中ボーッとしてしまうんですが、白昼夢を見るダメ探偵が出てくるブローティガンの「バビロンを夢見て」みたいだなと思ってたら、先日睡眠時無呼吸症候群と診断されました。メタボじ…

赤い靴で死ぬまで蹴れるか

ネットとかでフットサルが紹介されている記事を見ると、良く目にするのが「ファッション性があって、女性にも受け入れられやすく…」みたいな記述なんですが、女子のみなさんはカラフルなウェアで颯爽と現れることができても、シャイな男子は「上手くなってか…

走れ 大久保 走れ! フロンターレ−アルディージャ観戦記

しかし、何といっても今日の話題は走る大久保。3点目ディフェンダーとグリグリ押し合いながら決めちゃったんですけど、すでに無理して撃ってる感じでしたからね。もういいだろと誰もが思っても、まだ執拗にボールを追いかけまくり、挙げ句に足が攣る始末。

sarah jane morrisとjune miles-kingston

ごほっごほっ。風邪を、風邪をひいてしまいました。にもかかわらず、法事に遠出したので、今日は大したことが書けません。いや、いつもそうなんですけど、いつにも増して。なら書くな。私もそう思うんですけど、習慣とはおそろしいもので…。 ふとコミュナー…

simply red 'heaven'に今思う

私、この曲が凄く印象に残ってるんですよ。シンプリー・レッドは、当時ちょっとしたブームだったイギリスのブルーアイドソウルのバンドの中でも、デビュー曲が渋いソウルの曲でピーター・バラカンから褒められてたんで、本格派かなと思ってて、この曲もその…

手首と足首と1周年

テニスってサッカーより時間長いんですよね。サッカーだって眠くなるのに、真夜中にやられたら観れないですよ。そして録画だと観る気失せるんですよ。ということで錦織観たいけど根性がなくて妬ましい日々を送ってます。 私、実はテニスちょこっとだけやった…

ネストール・アルメンドロス「キャメラを持った男」をついに読む

この本を知ったのは、訳者である武田潔の講演でした。アテネ・フランセという外国語学校の文化センターでのもので、エリック・ロメールの「クレールの膝」の上映とセットでした(確か)。

夏の終わりとオバQ KIRINJI「11」を聴く

夏の終わりというと、自然とキリンジの「午後のパノラマ」を口ずさんでるんですが、キリンジといえばしばらく前に新譜を出しましたね。今頃ですがそのお話を。

keep on running ! 2

今日は酷暑の予報で、よっしゃ走ってぶっ倒れて寝っ転がってビール飲むぜと思ってたんですが、午前中は意外に涼しくて、汗は大量にかきましたけどちょっと拍子抜けでした。 熱中症の問題もありますけど、暑い中戸外で運動するのは気持ちがいいですね。風が吹…

ベストゴールについてつらつらと考える

こないだUEFAのサイトでUEFA歴代ベストゴール投票の途中経過の記事を見てて思ったんですが、ひとことでベストゴールと言っても、その基準って何だろなあと。その時点ではCLでのブレッサンのオーバーヘッドが1位だったんですけどね。この投票は、UEFA60周年を…

「ウイスキー・ドリーム アイラ島のシングルモルトに賭けた男たち」を読む

ブルイックラディという閉鎖されていたウイスキーの蒸留所を、大手企業から買い取って復活させた話です。私、ウイスキー好きですけどあんまり詳しくなくて、ブルイックラディ知らなかったんですが、読んだら飲みたくなりました。そういう本です。

nora germain 'little dipper'を聴く

ヴァイオリンっていいですよね。弾いたことないけど。アレ、小っちゃいくせに相当デカい音が出るじゃないですか。しかもフレットレスだし。弾けるとカッコ良いですよね。 クラシックのイメージの強い楽器ですが、ポップミュージックにも使われていて、カント…

keep on running!

このようにプレスをかける位置が深くなればその分走らなきゃいかんのですが、得点のチャンスもそれだけ増えます。ボールを奪うために走る。得点するために走る。ボールを持ってるときだけが攻撃じゃないんです。相手を追い込むことが守備でもあり、攻撃でも…

trashcan sinatras 'tonight you belong to me'を聴く

ロディ・フレイム似のボーカル、スミスっぽいギターサウンド、プロデュースはストーン・ローゼズのジョン・レッキー、レーベルはハウスマーティンズとラーズのゴー!ディスクスと、盛り上がり要素てんこ盛りでした。

頑張れライアン(とTJ)

スコットランドU-21代表の18歳。所属していたダンディーで攻撃的ミッドフィールダーとして活躍して、ビッグクラブへの移籍が噂されていた彼です。 その彼が スポルティング・リスボンに移籍しました。

ジャック・ロンドン「火を熾す」を読む

表題作は、舞台がユーコン川っていうからアラスカなんですかね、マイナス45度の雪原で濡れしまった足を乾かすために、焚き火を起こす男の話です。男は犬1匹と仲間の野営地を目指して歩いているんですが、なぜそうなったかという説明はありません。動いていな…

誰を出すのか

「一緒にやってるとどうしたらいいか分からなくなる」という苦情を受けてたりしたんですが、その彼がリーグ戦出たいって言ってきたんですよ。

今日のW杯より昨日のキリンジ

で、負けちゃったことだしワールドカップの話はこんくらいにして、昨日キリンジのライブに行ってきたんですよ。昨年メインボーカルを張る弟が抜けてしまい、兄弟2人のユニットから6人編成のバンドスタイルに生まれ変わったんですが、それから初めて観るライ…

斎藤隆介「天の赤馬」を読む

子どもの頃読んで面白かった本も、大人になってから読むと御都合主義的なところが目についたりして、印象が変わってしまうことがありますが、ちょっと主人公が立派すぎないかと思った以外は、冒険物語として十分面白いです。冒険の舞台は権力者に立ち向かっ…

酒とバラとフットサルの日々

しかしですね、ウルトラエンジョイといえども1対1のときは真剣だし、ピンチのときには死に物狂いで走るしで、何か調子悪くて良いプレイができなかったりすると大変悔しいです。では当日を万全に迎えるにはどうしたらいいか。

'in a lonely place' が聴こえてくる

最近なんやかんやと忙しく、仕事も遅くまでしたりしてるんですが、そんなときに一息ついたりすると、ふと頭に流れる音楽ってありませんか。

走れ、ぶつかれ、そして泣け アトレティコ−バルセロナ観戦記

録画を早朝観ていて、早速ブログを書こうと思ったんですが、走ってからにしました。見た者にまず走らねばという気にさせる、そのくらい凄い試合でした。

リディア・デイヴィス「ほとんど記憶のない女」を読む

リディア・デイヴィスは、「書くことについて書く」「考える(た)ことについて考える」タイプの作家で、そのためこの本でも物語としての体裁を保っているものは少数です。唐突な話の展開や、話者が誰なのか分からくなるような複雑な作品と、作者の心情がそ…

チームを続けるために

ということで今回はチーム運営の話です。今までも練習の話とかチームの方向性とかの話とかしてきましたが、もっとマネージメントよりっていうんですかね、ピッチ外の話です。チームを続けていくためにこんなことしてますって話です。

ネオアコって何だ

今回は、「ネオアコ」って何なんだって話です。今頃ネオアコについて語る人もいないでしょうから、張り切って書きたいと思います。 まず、言葉としての「ネオアコ」です。音楽用語として「ネオアコ」という言葉があるなら、その実体としての「ネオアコ」とい…

バルサが危機というのでエル・クラシコを観てみる

コパ・デル・レイでのベイルのゴール凄かったですねえ。この週末はその試合と3月に行われたリーガのエル・クラシコ2試合を観たのでその感想なぞ一つ。 まずですね、髪伸びたペペは良い味出してんなーてのが最初の印象です。すいません。でも何か見てて面白い…

橋本治「愛の矢車草」を読む

今頃ですが、去年出た橋本治の「初夏の色」を読みました。一昨年から昨年にかけて書かれた短編を集めたもので、東日本大震災がところどころに顔を出しています。橋本治は独特の視点で時代を語り、小説でも同時代に向けた批判的な思考から書かれたものが多い…

誰か俺と勝負だ

前回書いたときは3戦全勝でしたが、昨日は首位チームに敗れて1勝1敗と、非常に悔しい思いをしました。あ、フットサルの話です。個人的には首位チームとの試合で判断が遅く、プレスを受けてる状況での展開ができなかったのが反省点。相手のピヴォとの競り合い…

卒業オメデトウ  gorky's zygotic mynci 'merched yn neud gwallt eu giydd'

いやー急に暖かくなってすっかり桜もほころんで、卒業やら入学やらのシーズンですね。ところでみなさん学校好きでした?私?大っ嫌いでしたね。胸張って言います。本当に嫌いでした。 ロックが好きなら学校嫌いなの当たり前だろ!とか思ってたんですが、世間…

進化したフロンターレ

これは…ティキタカ…。そう、風間が監督就任早々目指そうとして失敗したバルサを彷彿とさせるパス回しです。さすがにバルサ並みとは言いませんが、程好い距離感を作りながら、狭い局面ではワンタッチパスを多用し、ボールを失いません。

輪島裕介「創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史」を読む

「オギナワー!」 みなさん、演歌は聴きますか? 今回取り上げる本は演歌の本です。なぜに演歌か?それは長谷川町蔵のツイートで見て面白そうだったからです。「演歌は西洋音楽である」ってへええと思って、書名が「創られた日本の心・・・」じゃないですか…

たかが半年されど半年

前回書き忘れたんですが、このブログを始めてから半年が過ぎました。何があってもなくっても、半年は続けようと決めてやっていたので、とりあえずはホッとしています。 ブログを始めたのは、自分の持ってる瑣末な知識が、ごく少数の人にでも役に立つかもしれ…

フィクソになるつもりじゃなかった

理想のフィクソは、体型が競り負けないくらいがっちりしてて、対人能力が高いことと、ボールを失わない足元の技術や、後方から味方に指示が出せる統率力を備えてることでしょうか。私ですね、持ち味は走力だけでして、アラやろうと思ってたんですが、言い出…

素晴らしきサントラ bill conti 'gloria'

映画の素晴らしさはまあ観ていただきたいんですが、オープニングがまたカッコ良くてですね、テーマ音楽が非常に印象的です。

ヴェルディは嫌いですか

ちょっと前に、ヴェルディからU-21代表の中島翔哉がFC東京に移籍したというニュースが話題になりました。彼は、ジュニアユースの頃からヴェルディに在籍していた、いわゆる生え抜きで、年代別の10番背負ってるわけですから、低迷するチームにとっては宝物の…

本を読むということ 高野文子「黄色い本」

忙しいときの方が本て読むよなあと、雪で外出できずに空いた時間を無為に過ごしながら考えてます。朝、体を動かさないと調子出ないんですよね…。何かする気が起きないというか。 でも、いったん読み出して嵌ってしまうと、読んでる時間が大切になってきて、…

ひとりのときにできること

1人のときにできることって何ですかね。まあ基本はやっぱり「走る」。走れない人はバルデラマぐらい上手くないといけないですからね。しかし一口に「走る」といっても、抑えたスピードで長く走る長距離走と、瞬発力が要求される短距離走とでは、全然違いまし…

chris isaakの妖しい格好良さ

特別好きなわけではないんだけれども、何か頭に染み付いて離れない、そんな曲やミュージシャンっていませんか?私にとって、高校生のときに見た、クリス・アイザックがそうでした。 chris isaak 'chris isaak' クリス・アイザックは84年にアルバムデビューし…

ライアン・ゴールドに注目!

ライアン・ゴールドはスコットランド出身の18歳。ダンディーに所属する攻撃的なミッド・フィールダーです。まあUEFAで特集されるくらいなんで、すでに注目を集めてて、彼の移籍も近々大きな大きな話題になるかもしれませんが。本人はスペインでプレーしたい…

イーサン・ケイニン「エンペラー・オブ・ジ・エア」を読む

これは、80年代後半に幾つかの秀逸な短編で注目を集めたイーサン・ケイニンの最初の単行本です。短編集で、どの作品も瑞々しく、そしてある種の苦さを伴っていて、読後に静かな余韻を残します。

練習したことないんだけど

仕切り役の私なんですが、練習ですね、やったことなかったんですよ。バンドはあるんですけどね。部活経験すらない。 そんなのが他人様に教えるわけですよ。指示出すわけですよ。そして教えられる方も素人。

「ゼロ・グラビティ」を観る

でですね、感想はまず凄いの一言です。当たり前か。でも観たらそうなるんですよ!あらすじとか特殊効果とかは散々そこらで語られてるんで、改めてここで書く意味はないんで省略して、私が感じたことを。

今年の(個人的な)音楽シーンを振り返る

さて、年末というとその年のベストなんとかってみんなそれぞれやるじゃないですか。私も真似してみようと思ったんですがね、今年の音楽シーンを。もちろん、昨今の流行りとか全然知らないですから、自分のですけどね。もうこの10年くらいチャートとか追って…

the brother from another planet

この映画ですごく印象的なシーンがあるんですけど、地下鉄で、主人公が見知らぬ兄ちゃんに手品を見せられるんですね。トランプを使って、相手にカード引かせるんだけど(主人公は引かないんですけど)、引いたカードの数を使った物語を早口でどんどん続けて…

ユニフォームを作る

サッカーのユニフォームっていいですよねえ。アレは応援しているチームのものしか着るわけねえ!という純血な人もいるでしょうが、私結構浮気性なんで、気に入ったデザインのものがあれば、あまり嫌いなチームでなければ欲しくなります。 お金ないんで、主に…

フロンターレ-マリノス戦観戦記

徳島、見事でしたね。これしかないという作戦だったんでしょうけど、少ないチャンスをものにするという決定力が素晴らしかったです。京都はパスの精度がイマイチだったですね。あれじゃ来年J1は無理ですよ。仕方なかったと思います。 さて、昨日はJ1最終節で…

姪っ子に本を贈る 「思い出のマーニー」

男子はね、いいんです。絵本の次はこれかなって、自分の経験で大体わかるんで。 困ったのは女子ですよ。これは自分の読書経験だけでは男子側に偏っちゃうんで、どういう本がいいのか、探さなくちゃなりません。しかも姪っ子、字の多い本は苦手ときてます。

空を見上げよう baby, the stars shine bright

この時期は空が綺麗でいいですね。抜けるような青空に赤みがかった葉っぱがこれまた綺麗で、走っていて楽しいです。遠くの富士山の白い姿もはっきりと見えるということは、夜も星が幾つも輝いて見えるということで、仕事で疲れて帰る道すがら、オリオン座の…

競技系かエンジョイ系か

チームを作るに当たってまずはコンセプトです。競技指向でいくのかエンジョイ指向でいくのか。ネットで見ると最初仲間うちで始めたはいいけど、方向性の違いでやがては分裂、というのが避けられないパターンとしてあるようで、これは大事なとこです。