読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boofoooohの日記

サッカー/音楽/本/大人になってからのフットサル

ほしいものはたくさんある

音楽

あけましておめでとうございます。
ひさびさですね。毎年更新回数が減ってますが、今年もよろしくお願いします。

 ひさびさなんで、ざっと去年買ったCDのことなんか書こうかと思います。

 

 lianne laHavas

名前は見かけて動画も観たことあったんですが、この動画観て素晴らしさに気付いて2012年に出たファースト・アルバム'is your love big enough?'を購入。音も演奏も歌もとても良かったです。才能ありますねこの人。最初の1音で引き込まれます。
このtiny desk concertシリーズは大変いいですね。ベテランから最近のバンドまで、ごっちゃまぜに出てくるとこがいいです。いくつも気に入ったバンドがありましたが、買ったのは次のこれ。

 

 monsieur periné

コロンビア出身でなんでジプシー音楽やってるのかわかりませんが、ファーストアルバム'hecho a mano'を聴く限り、スタジオアルバムよりライブの方が良さそうです。いくつか動画観たけどヴォーカルの彼女の服がいつもかわいい。

 

 dorothy ashby 'round midnight' 

ドロシー・アシュビーは、数少ないジャズのハープ奏者で、ヒップホップ界隈から再評価されたこともあったようですが、全然知らなかったです。ジャズ・ハープってどうなんだ!?と興味をそそられましたが、熱演が光るけど、知らずに聴くとガットギターみたいに聴こえてしまう損な聴こえ方をする'hipp harp'より、この曲が入ってる晩年のソロ作を買いました。残念ながら中古で残ってた1枚を私が買っちゃったんで、入手難しいかも。

 

 captain beefheart & his magic band 'further than we've gone'

キャプテン・ビーフハート1枚も持ってないけど、ジャケットが気に入って聴いたら意外に聴きやすくて、引越しも落着いたころ購入。RCに似た曲あったよな。

 

jb lenoir 'down in mississippi'

物憂げな眼差しに誘われるようにクリックしたら、どこかちょっと今まで聴いたのとは違う弾き語りブルース。J.B.ルノアーは38歳で亡くなりましたが、この作品は晩年のもので、同じスタイルの'alabama blues'と一緒に'vietnam blues' という2in1のCDで聴けます。

ほかにもありますがこの辺で。

 

バタバタした年末を乗り越え、元旦はさすがにゆっくり過ごそうと、朝から燗酒を飲みながらふとテレビを点けると、エレカシの去年の新春ライブがやってました。もう中盤でしたが、名作「生活」からの曲をやったので、CDを取り出して歌詞カードを読み込んで、ああ、エレカシっていいよなと思いながらふと気付いたのは、なんか最近気に入ったものって、こうやって向こうから情報がやってきて、自分で探すことなくなったなあと。いや、新しく気に入ったものはできるんですけど、それがもう人に勧められたものではないんじゃないかと。

上記で紹介しているのは全てYouTubeのおすすめにあったんですよ。

若い時分などは、信頼できる雑誌のレビュアーやラジオのDJ、レコード屋のポップなんかで紹介されたものを、ある意味勉強するような気持ちで、未知の音楽に入っていったものですが、最近はそういうことなくなりましたねえ。ツイッターでフォローしているミュージシャンがツイートしてるのを聴いて、「おっ」となったりもしますが、YouTubeでおすすめされて、試しにクリックしてみていいなと思ったらアマゾンで探して手頃な値段だったら買うというのを繰り返しています。

自宅でちょっと何かする間、YouTubeで適当にBGM替わりになるものをかけるのが日課になってるんですが、結構良いとこ突いてきますよね、YouTube。視聴履歴から淡々と関連づけてある曲を紹介してるんだと思いますが。溢れ出てくる過去現在のミュージシャン達を、へーと思いながら聴いてます。で、こんなのもっといくらでもあるんだろうなと。

圧倒的な情報量の中で生活していて、取捨選択の時代などといわれますけど、もう自分で選んでる感じじゃないんですよね。自分好みの音楽のストックは世の中に莫大にあって、これもそうでしょ、これもでしょとガンガン渡されてるような。便利になったというより、何か違和感を感じます。

溜まってる録画した番組や、読みたい本、観たい映画は増えるばかり。以前は良いものは観なきゃいけない、聴かなきゃいけないと思ってましたが、もうそんなことは考えない方がいいと思うお正月です。それとももっと新しい何かを探すのが良いのか。怖い怖い。

 

ということで。清水ミチコやっぱり消えてたから本家を。