読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boofoooohの日記

サッカー/音楽/本/大人になってからのフットサル

誰か俺と勝負だ

前回書いたときは3戦全勝でしたが、昨日は首位チームに敗れて1勝1敗と、非常に悔しい思いをしました。あ、フットサルの話です。個人的には首位チームとの試合で判断が遅く、プレスを受けてる状況での展開ができなかったのが反省点。相手のピヴォとの競り合いも押され気味で、肝心なところでやられてしまった感が…。だってデカいんだもん。ヘッドで競ったときは吹っ飛ばされて頭から落ちて脳震とうと、貴重な経験をしました。

倒れたときに遠くの方から「大丈夫?」て聞こえてくるんですけど、「大丈夫!」て答えちゃうんですね、反射で。直後のFKで脚に力が入ってなくて、こりゃキテるとやっと気づきました。相手に向って蹴っちゃって、いきなりピンチに。頭打ったヤツがいたらとりあえず休ませた方がいいです。はい。

 倒れた後のFKといえば。

 

さてさて、今回は実際によそのチームとゲームをやってみようという話です。

競技系かエンジョイ系か のときに書きましたが、対外試合に臨むには、戦う相手のレベルをどこにするのかというのがあります。

それにはまず自分達にtake it to the nextな目指すレベルがあるのか、今のレベルで楽しくやるのかで色々変わってくと思いますが、対外試合をする方法はいくつかあるんで、それぞれ私の経験から気付いたことを。

 

まずポピュラーなのが、1デイの大会に出ることですが、これは大まかに3つのカテゴリーに分かれて開催されてまして、凄く上手い人達のカテゴリー、上手い人達のカテゴリー、そして初心者も混じってるカテゴリーになります。

凄く上手い人達のはオープンとか上級とか表示されてるヤツですね。次がミドルとか中級とか初級とかです。あれ、余計なの混じってね?と思いませんでした?そうなんですよ。初級とかビギナークラスとか表示されてるのは、大抵そこそこやれるチームが集まってます。

なぜかというと、やっぱりみんな勝ちたいんですね。自分達より弱い相手と戦いたい、そんでゴール決めたりとか気持ち良くなりたいと思ってるんですよ。なんでそういう人達が1つ下のカテゴリーに来ちゃうんで、ホントの初級者達がはじき出されて作られたのが、超初級とかウルトラビギナーとか称されるカテゴリーになります。でも1個下のレベルに出る傾向は消えないので、最近は最弱とか超絶対ウルトラとかも出てきましたね。まあフットサルの裾野が広がってる証しでもあると思いますが、ホントの初心者は萎えますよ。

というわけで、経験者が少なければ、最初はとにかく下のカテゴリーに出てみることをオススメします。あっさり優勝しちゃったら上のレベルで、苦戦したらそこで修行ということになると思います。あくまで印象なんですが、地域でもレベルの差はあるようでして、都会で開催されてる大会の方が田舎の方で開催される大会よりもキツいです。ちょっと足を伸ばして、周りに何もないようなとこでやってる大会はのんびりしてていいですよ。

私のチームは、ウルトラビギナーで年に1、2回優勝する程度なんでウルトラビギナーでやってますが、ビギナーの大会にも時々出てます。ビギナーでそこそこ勝てるようになったらと思うんですがね。1デイの大会の良さは、人数が揃えば気軽に参加できること。勝ち負けこだわらずとにかく試合をやってみたいと、下のカテゴリーで無双したいという姑息なチームに爪の垢を煎じて飲ませたいような一生懸命なチームもいるんで、色んなチームと楽しく勝負ができるのが良いですね。

 

2つ目はリーグ戦です。リーグ戦というと都道府県なんかの地域別に運営されている公式なリーグ戦が思い浮かびますが、コートや民間の団体が主催するリーグ戦もありまして、カテゴリー別にもなっており、長期継続的にやっていきたいチームに向いていると思います。

1デイは1デイなりの楽しさがありますが、こちらは対戦相手が固定されているので、チームの成長の度合いが計れるし、ある程度真剣にやってるチームが集まってくるので、雰囲気も良いし参考になるんで、上手くなりたいチームは、定期的に出場できるならリーグ戦が良いんじゃないでしょうか。

まあ同じ主催者で同じコートでやってる1デイの大会に出続けても、結構同じチームと顔を合わせますが、その日限りの大会よりも、次節へ向けた改善なんかやりやすいと思いますよ。1デイだとどうしてもその場でどう勝つかになっちゃいますからね。

ウチのチーム、リーグ戦はリピーター多いですね。周り殆どウチのチームより上手いんですが、それでも出ようという気になるのは、やっぱり次出たときは…と思うからじゃないでしょうか。

 

3つ目はよそのチームとの練習試合です。ネットやコートでマッチメイクができるようですけど、私は使ったことがないんですよ。メンバーに掛け持ちがいて、そこのチームと良くやってます。

サッカーやってたのがいるんで、なんだかんだ関係者がいて、単発でオファーがあったりします。そういうときは、レベルも分かった上なんで、ある程度エンジョイな感じになります。まあ大会とか出るの面倒くさいし何か強いチームいるし、自分達でコート借りてやりたいけどちょっと人数足りないから、みたいな感じですかね。大会出るときより人数少ないですが、人数揃うときは練習の良い機会なんで重宝します。練習でやった動きや個人の課題が試せますからね。

最近、1デイの大会で声をかけられて、定期的に練習試合するチームができたんですが、毎週土曜日体育館を押さえている素晴らしいチームで、レベルがそんな変わらないので、非常に良い感じです。

見知らぬチームとやるのも良いですが、ちょっと不安じゃないですか。レベル分からんし。1デイの大会で、会話のちょっとしたはずみで練習誘われたりするんで、そういうのは利用した方がいいですよ。相手もこっちのこと見てオファーしてきますからね。

 

まあこんな感じで1月2回ほどほかのチームとやって練習もすると、結構上達しますよ。でもやっぱり練習よりみんな試合出たがりますからね。試合数を増やして、チームの課題を分かりやすくして、練習につなげたり次の試合につなげたりというのが、練習に人が集まんないチームのやり方かもしれません。

 

ナイキのはガイ・リッチーが監督したカッコいいヤツでしたが、FAが制作したこれは凄い楽しい。本家より揺れ方が微妙に激しくて、ちょっと酔う。