読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boofoooohの日記

サッカー/音楽/本/大人になってからのフットサル

海水よりも濃く フロンターレ−FC東京観戦記

やっぱり塩っぱい。とても塩辛い。何よりもこの2チーム、ミスが多い。ドルトムントと川崎の差は、プレーの精度だったと思うんですが、その点をどう考えているんでしょう…。

ケンゴ依存症 フロンターレ−ベルマーレ観戦記

ああ、なんとか勝った…。こないだのタマシコ含め、観に行った試合は勝ててなかったんですが、やっと勝ち試合を観ることができました。 当日朝録画して観たCL決勝が熱い試合で、誰もが考えていただろうポゼッション対カウンターの試合展開は、奇襲作戦のよう…

寒い戦い フロンターレ−モンテディオ観戦記

完敗でしたね、山形戦。ハイプレスを受けて打つ手なしの90分でした。テレビですけど、今季フロンターレ初観戦で楽しみにしてたのに…。いいとこなしでした。 この試合、少しずつ変化している風間フロンターレの戦い方が、今シーズンはどこまで革命が進行して…

ライアン、ポルトガルでネットを揺らす

そんなことを思いながら、TJのリーグ戦2ゴール目の動画を見ていたら、おお?この駆け寄ってくる細いシルエットは、ひょっとしてライアン?私が1年前から注目していたライアン・ゴールドじゃないか!

do you remember the first time? 20年前のプレミア初観戦の記憶をたどる

年の瀬ですね。暮れの忙しいなか、風邪をひきました。 休みの間に身体を鍛えようと思っていたんですが…。しかし、こういうときこそと、前からやろうやろうと思っていたことに遂に手を着けました。 初めてサッカー観に行ったときのこと、覚えてます? 私の場…

革命がどうなったかを観に行ってみる フロンターレ−サンフレッチェ観戦記

浦和首位陥落、セレッソ降格、山形の劇的勝利と、よもやの展開となったJリーグですが、そんな派手な話題とは離れて、ひっそりと行ってきましたフロンターレのホーム最終戦。開場時間辺りが一番雨がひどくて、等々力競技場も心なしか最近の試合結果と同じよう…

ebayで買ったユニフォームは輸入盤の匂いがした

「これはレコード屋と一緒だ」 サッカーユニフォームのショップでセール品をあさりながら、ふと気付きました。 ズラッと並んだユニフォームは、薄いハンガーに掛かっている部分しか見えません。でも、デザインは何となく分かるので、欲しいユニフォームに似…

空気を読まない審判に花束を

重要な場面での自分の判断が間違いかもしれないなら、判断するよりしない方がまし、と考えてしまうのは人間誰でもそうなので、理解はできるところなんですが、それを、「審判は試合に介入すべきじゃない」という一見正しいフレーズで正当化するのはどうなん…

走れ 大久保 走れ! フロンターレ−アルディージャ観戦記

しかし、何といっても今日の話題は走る大久保。3点目ディフェンダーとグリグリ押し合いながら決めちゃったんですけど、すでに無理して撃ってる感じでしたからね。もういいだろと誰もが思っても、まだ執拗にボールを追いかけまくり、挙げ句に足が攣る始末。

手首と足首と1周年

テニスってサッカーより時間長いんですよね。サッカーだって眠くなるのに、真夜中にやられたら観れないですよ。そして録画だと観る気失せるんですよ。ということで錦織観たいけど根性がなくて妬ましい日々を送ってます。 私、実はテニスちょこっとだけやった…

ベストゴールについてつらつらと考える

こないだUEFAのサイトでUEFA歴代ベストゴール投票の途中経過の記事を見てて思ったんですが、ひとことでベストゴールと言っても、その基準って何だろなあと。その時点ではCLでのブレッサンのオーバーヘッドが1位だったんですけどね。この投票は、UEFA60周年を…

頑張れライアン(とTJ)

スコットランドU-21代表の18歳。所属していたダンディーで攻撃的ミッドフィールダーとして活躍して、ビッグクラブへの移籍が噂されていた彼です。 その彼が スポルティング・リスボンに移籍しました。

ジャック・ロンドン「火を熾す」を読む

表題作は、舞台がユーコン川っていうからアラスカなんですかね、マイナス45度の雪原で濡れしまった足を乾かすために、焚き火を起こす男の話です。男は犬1匹と仲間の野営地を目指して歩いているんですが、なぜそうなったかという説明はありません。動いていな…

誰を出すのか

「一緒にやってるとどうしたらいいか分からなくなる」という苦情を受けてたりしたんですが、その彼がリーグ戦出たいって言ってきたんですよ。

今日のW杯より昨日のキリンジ

で、負けちゃったことだしワールドカップの話はこんくらいにして、昨日キリンジのライブに行ってきたんですよ。昨年メインボーカルを張る弟が抜けてしまい、兄弟2人のユニットから6人編成のバンドスタイルに生まれ変わったんですが、それから初めて観るライ…

走れ、ぶつかれ、そして泣け アトレティコ−バルセロナ観戦記

録画を早朝観ていて、早速ブログを書こうと思ったんですが、走ってからにしました。見た者にまず走らねばという気にさせる、そのくらい凄い試合でした。

バルサが危機というのでエル・クラシコを観てみる

コパ・デル・レイでのベイルのゴール凄かったですねえ。この週末はその試合と3月に行われたリーガのエル・クラシコ2試合を観たのでその感想なぞ一つ。 まずですね、髪伸びたペペは良い味出してんなーてのが最初の印象です。すいません。でも何か見てて面白い…

進化したフロンターレ

これは…ティキタカ…。そう、風間が監督就任早々目指そうとして失敗したバルサを彷彿とさせるパス回しです。さすがにバルサ並みとは言いませんが、程好い距離感を作りながら、狭い局面ではワンタッチパスを多用し、ボールを失いません。

フィクソになるつもりじゃなかった

理想のフィクソは、体型が競り負けないくらいがっちりしてて、対人能力が高いことと、ボールを失わない足元の技術や、後方から味方に指示が出せる統率力を備えてることでしょうか。私ですね、持ち味は走力だけでして、アラやろうと思ってたんですが、言い出…

ヴェルディは嫌いですか

ちょっと前に、ヴェルディからU-21代表の中島翔哉がFC東京に移籍したというニュースが話題になりました。彼は、ジュニアユースの頃からヴェルディに在籍していた、いわゆる生え抜きで、年代別の10番背負ってるわけですから、低迷するチームにとっては宝物の…

ライアン・ゴールドに注目!

ライアン・ゴールドはスコットランド出身の18歳。ダンディーに所属する攻撃的なミッド・フィールダーです。まあUEFAで特集されるくらいなんで、すでに注目を集めてて、彼の移籍も近々大きな大きな話題になるかもしれませんが。本人はスペインでプレーしたい…

フロンターレ-マリノス戦観戦記

徳島、見事でしたね。これしかないという作戦だったんでしょうけど、少ないチャンスをものにするという決定力が素晴らしかったです。京都はパスの精度がイマイチだったですね。あれじゃ来年J1は無理ですよ。仕方なかったと思います。 さて、昨日はJ1最終節で…

juninho paulista 英国で愛された小さなヒーロー

ジュニーニョ・パウリスタは、ご覧のとおりセレソンで10番を背負っていた男です。FCサンパウロで頭角を表し、代表に選ばれ、当時プレミアのミドルスブラに移籍し、一躍名を広めました。

どうやらフロンターレは本当に立ち直ったらしい

攻めてる...。ボール繋がってる...。サンフレッチェの守備が軽いこともあるんですが、プレスをしっかり受け止めて、狭い中でも繋いでます。簡単にはボールを失いません。サンフレッチェを圧倒するパスワーク。強いじゃないかおい!